ケルベロス(しば)

ケルベロスはギリシャ神話に登場するモンスターで、冥府の番犬とされています。
複数の首(多くの作品ではみっつ)を持ち、たてがみのある巨大な犬や獅子として描かれます。
神話的な活躍はまあそこそこなんですけど、個性的なビジュアル、冥府(地獄)の番犬というキャラ立ちで、ゲームとかアニメとかの出番は多く皆知ってる感じなんで、あんまり追記するようなことはないですね…。

それにしても、冥府の番犬を設定したってことは、古代ギリシャでは既に犬が番犬として飼われていたってことですよねえ。
類似のモンスターは他の神話体系にも存在するらしいですが、神話同士の関係というよりは、番犬ってのがそれだけ古いってことなのかな。

ちょっとかわいい系いぬにデザインを振りすぎたので武装バージョン


野犬

野犬
野犬とは野生化した犬のことです。野良犬とも言いますが、ニュアンス的には一匹で街をうろうろしているのが野良犬、野生を取り戻し山などに群れ住んで狩りを行うレベルになると野犬というイメージです。

イヌはオオカミを飼いならし、家畜・ペット化したものです。一般的にイヌとオオカミは別のものとされていますが、DNAはほぼ同じで、交配することもできます。分類学的にはイヌはオオカミの亜種にすぎない、別の動物に進化したと言うほど分化してない、という考え方が最近の主流のようです。

イヌ・オオカミとキツネは非常に近縁の動物ですが、キツネに関して面白い実験があります。キツネの中で人に慣れ従順な個体を選び交配を続け、10世代もするとイヌにそっくりな小動物に変わってしまう、というのです。では、逆にイヌの中から獰猛で野生的な個体を選んで掛け合わせ続けたらどうなるんでしょう? 

日本では狼は明治時代に人間によって絶滅させられ、もういないことになっています。ところが2000年代になって狼の目撃証言が出るようになってきました。過疎や人口減で里山に人の手が入らなくなり、増えた野犬のなかで弱肉強食の淘汰が起きているとしたら…?

オオカミは復活しつつあるのかもしれません。

*科学的な調査や統計に基づく意見ではありません

天虎がんばる!ムチムチ虎娘はHな夢を観るのか?
このキャラクターが使用されているゲームです

プリンセスとパンドラの箱

乗黄

乗黄(ジョウコウ)

その状は狐の如く、その背には角がある。これに乗れば寿命は二千年。(山海経 海外西経)

古代中国の動物モンスター図鑑「山海経」に掲載されている獣です。
曰く、はるか西の国にはキツネのような背中に角のある獣がいると。寿命が二千年というのは意味がわからないというか設定盛っただけだと思いますが、とにかく乗ることが出来ると。

古代中国からみて西の外国は、中央アジアの乾燥地帯、砂漠地帯。シルクロードです。そして背中に角の様な突起のある、乗ることのできる獣といえば、その正体は…?

古代には当然写真もないし、実際に海外に行った人はごくごく少数です。口伝え、絵伝えで、いつのまにか実在しないモンスターが生まれてしまったのでしょう。
まあタイムマシンで確かめることができない以上、古代には実際に乗黄がいた可能性もゼロではありませんけど。

外部リンク 乗黄 
書籍リンク 山海経

プリンセスとパンドラの箱

リスラッシュ

リスラッシュ
リス+スラッシュ 門歯(前歯)が長く大きく、剣のように使うことができるように進化したリスです。歯による斬撃の威力は強力で、身を守る武器としての他、木の幹や太い枝を切って食べます。植物食性ですが、ナワバリを犯されたと感じると襲ってくることもあります。
(以上オリジナル設定)

リスはネズミ類の1グループです。ネズミ類(げっ歯類)全体に見られる特徴として、伸び続け、生え変わることのない門歯があります。ネズミ類は世界中で繫繁栄しているため例外も多々ありますが、主食としているのが硬いナッツ類なので歯が磨り減ってしまう、体が小さく寿命が短いため歯を生え変わらせている余裕がない、という要因によりこのような歯を身につけたと考えられます。その歯を強調してアレンジしたのがこのモンスターです。


狙ったような商品がある…

天虎がんばる!ムチムチ虎娘はHな夢を観るのか?
このキャラクターが使用されているゲームです

プリンセスとパンドラの箱