白いペンギン


白いペンギン
超越的な力を持つ神格が多いクトゥルフ神話大系ですが、本来の白いペンギン(アルビノペンギン)はモブキャラで、地下で目が退化したただのペンギンらしいです。ゲーム化するのに原作に元ネタがあるモンスターとして引き上げられた感じですかね。
今回は遠目にはペンギンに見える得体の知れない何かというイメージで描きました。

プリンセスとパンドラの箱

ティンダロスの猟犬


ティンダロスの猟犬
クトゥルフ神話に登場ずすモンスターです。初出はそのものずばり「ティンダロスの猟犬」 猟犬と言われていますがもちろんイヌではなく、はるか太古から存在する宇宙的な神話生物です。90度、一説によると120度以下の”角度”から現出するという特異な能力を持ち、猟犬の名の通り獲物と狙った人間ををどこまで追い詰めると言われています。

wikipedia ティンダロスの猟犬

クトゥルフ神話なので饒舌な描写もあり有名なモンスターですが、小説としては角度の無い部屋に閉じこもる主人公の異常行動こそがコワイポイントだったような気がします。読んだのだいぶ前なので記憶あいまいですけど…。

ティンダロスの仔犬【再掲】
猟犬なら仔犬もいるんじゃねーの? っていう絵です。
イヌじゃねーっつってんだろ!

過去記事
 → ティンダロスの仔犬



twitterのアイコンが丸くなったので安心なアイコンを作りました
アイコンはゲーム以外でのご利用も自由です

プリンセスとパンドラの箱

スライム ver2



スライム 緑


スライム 青


スライム 虹色の輝きを放つ黒

定番モンスター、スライムです。
言葉の意味は「泥状・粘液状のぬるぬるとしたもの」。
いまではファンタジーRPGでよく登場しますが、中世の伝説や古代の神話などを原典とするモンスターではありません。
もともとはホラーやSF小説などに登場したものが、1970年代にTRPG(テーブルトークRPG…会話と手計算で行うRPGです)でモンスターとして採用され、ファンタジーものでも登場するようになりました。玩具のスライムが発売されたのもこの頃。
当時のスライムは、ホラー寄りの、包み込んで溶かし殺す不定形で不気味な生き物、みたいなイメージのモンスターでした。ゲームキャラの中でもマニアックな部類だったのではないかと思います。

大きくスライムのイメージを変えたのが、1986年に発売されたドラゴンクエストです。かわいい水滴型のマスコット調デザインは、ゲームをしない人にも知られる人気キャラクターになりました。

過去の記事
スライム 旧版
カップスライム

天虎がんばる!ムチムチ虎娘はHな夢を観るのか?
このキャラクターが使用されているゲームです

プリンセスとパンドラの箱

黒い仔山羊(シュブニグラスの落とし子)


シュブニグラスの落とし子_1

 

シュブニグラスはクトゥルフ神話に登場する神の一柱で、人智を超越した宇宙的存在のひとつです。
クトゥルフ神話の多くには深海や地下深く、異民族、そして宇宙といった不可視領域への恐怖が結晶化していますが、シュブニグラスの神話は森という領域のものです。そして森の奥深くでシュブニグラスを信仰する秘密のミサを開くのは魔女たち。
しかしシュブニグラスが人間に視覚できるのかはわかりませんし、仮に垣間見れたとしても正気を保つことは出来ないでしょう。そのためシュブニグラスの姿ははっきりとは伝わってはいません。魔女たちは山羊をシュブニグラスの象徴とし、トーテムとして頭骨を飾り、神を「千匹のみし山羊」と称えますが、”黒い仔山羊”とよばれる神の胎内から無限に湧き出してくる眷属の姿から類推したのではないかと思います。

シュブニグラスの落とし子_2

     星乃だーつのRPG作品を買う(R18)