ガンダルヴァ


インド神話に登場する、半人半鳥の姿をした精霊、半神です。音楽を司るとされ、神々の宮殿に楽師として仕えています。食物を必要とせず、香りのみを生命の糧とし、また自身も香気を放つ、とされています。

類似のモンスターとして、ギリシャ神話に登場するハーピーが挙げられます。同じく音楽の属性を持つ半人半鳥の姿です。鳥はさえずるものという認識は洋の東西を問わないでしょう。一方、ハーピーは悪臭を放つとされています。これは正反対の特徴だと言えますが、実は悪臭とよい香りというのは、同じ成分の濃さの違いにすぎない場合があります。糞便の臭い物質と同じものが、バニラ・ジャスミン・バラなどの香り成分として、香水や食品添加物として使われています。

→ ハーピー/リリヨー (過去記事)

ガンダルヴァは後代になると半馬半人で描かれるようになり、これをして語感の似ている西洋のケンタウロスと同源と比定する説もあります。この場合、ガンダルヴァは神酒の守護者ともされ、酒を好むケンタウロスと同じ酒属性であることも根拠とされます。しかし、単純にこの2種が同じモンスターということではありません。インドとヨーロッパの共通先祖に、半人半獣のモンスター概念、単語があり、それが両者に引き継がれ、歴史と伝承の中で次第に形を変えていったのではないか、ということです。現在この説は強く支持されているわけではないようですが、語源が同じかどうかは別として、伝説の根が同じということはあるかもしれません。インド・ヨーロッパうんぬんについてはウマの項で書いています。

→ ウマ (過去記事)

仏教の時代になるとガンダルヴァも仏法を守護する天部として信仰に取り込まれ、中国で乾闥婆という漢訳名を与えられ、日本まで伝来します。音楽、食香、神酒守護などの特徴は引き継がれているのですが、なぜか鳥でも馬でもなくなり、獅子の兜?をかぶっています。

天虎がんばる!ムチムチ虎娘はHな夢を観るのか?
このキャラクターが使用されているゲームです

プリンセスとパンドラの箱

竜妖精シャナ


竜妖精シャナ

シャナはスペインのアストゥリアス地方に伝わる妖精です。炎髪…ではなく金髪の美しい乙女です。

彼女がどういう妖精か、いくつかの説明があります。
水と関わりが深く、泉や泉のそばにある洞窟に住んでいるというもの。
黄金や財宝と関わりが深いというもの。
キリスト教を信仰している妖精だというもの。
そしてアストゥリアスのドラゴン”クエレブレ”と関係が深いというもの。

あるおとぎ話では、迷惑な求婚者から洞窟に逃げ込んだシャナにクエレブレが惚れてしまい、妖精に転生させ妻とした。
別の話では、クエレブレにさらわれたシャナを人間の勇者が救い出し恋に落ちた、など。

続きます↓

(この表紙はシャナとクエレブレのようです)

竜妖精シャナ_フルアーマー

…ところが。wikipediaでシャナについて調べてみると、日本語版は竜の嫁としての話だけが書かれているのですが、英語版には竜のことは全然書いてない。全く別の記事になってるんです。いくつかの説明がありますが、水に関係がある、悪戯をする、人間と赤ちゃんを交換してしまう(取替え子)など、比較的よくある妖精の話です。
で、肝心の現地スペイン語のページを見てみると、こちらはキリスト教との関係についての説明が多くを占めていて、やはりクエレブレとの話は全然出てきません。
かといって、日本語版ページの方に書いてあることが間違っているというわけでもないようで、手持ちの書籍にもクエレブレの話は出てきますし、英語やスペイン語のクエレブレのページには僅かですがシャナの名が見えます。
現地ではマイナーな話が日本で特に好まれて広まった、とかでしょうか…
疑問が残ります。
何かわかったらまた追記しようと思います。

*取替え子をするのは、人間の親に洗礼を受けさせてもらうためだという。

排斥するスプリガン


排斥するスプリガン

 

スプリガンはイギリス南西部のコーンウォールに伝わる、遺跡、あるいは遺跡の財宝を守護する妖精です。
イギリスには古墳や環状列石などといった遺跡がたくさんあります。環状列石というのはストーンヘンジみたいなやつです。あれは一個じゃなくて、保存状態がいいために代表的になっているだけで、似たようなものがイギリス中にあります。これらはもちろん昔のイギリス人が作ったもので、往時には寺や神社に相当する何らかの宗教的施設だったと思われます。しかし、後の時代になると、人々はキリスト教の布教を受け入れ改宗してしまいます。教えることを禁じられた宗教は民話に、うち棄てられた聖地は遺跡に、神々は悪魔や妖精に貶められました。中世になると、イギリス人たちは古代の宗教をすっかり忘れ、遺跡の向こうに妖精の国があると考えるようになりました。
別の説では、スプリガンは巨人の幽霊だとも言われています。ここでいう巨人というのは、ただ単に大きい人という意味だけではなく、北欧神話の巨人と同じく、強大な力を持ちながら自分達によって駆逐された、かつてのこの土地の支配者という意味を持っているのではないでしょうか。遺跡や妖精の中に、失われたかつての自分達の文明があることを無意識に知っていたのかもしれません。

イラストもキリスト教以前の古代イギリス、ケルト文明の遺跡のイメージで描きました。

前の回 →警告するスプリガン

警告するスプリガン


警告するスプリガン

スプリガンはイギリス南西部のコーンウォールに伝わる、遺跡、あるいは遺跡の財宝を守護する妖精です。
イギリスでは遺跡は妖精の領分であると考えられています。
彼らは巨人に変身する、あるいは体の大きさを自由に変えられると言われています。最初は小さな姿で現れ警告しますが、従わない場合、巨大な姿で嵐や雷を操り、敵を退けます。

続きがあります! → 排斥するスプリガン