グレンとアミガサダケ


グレンとアミガサタケ
古典SF小説「地球の長い午後」の後半主人公のグレンとアミガサダケです。
はるか未来、人類は文明を失い、強大な蟲たちの隙間で原始的な生活をする弱小で硬直した種族に成り下がっています。そんな部族の中で、考えることのできる少年だったグレンは、はねっかえりとして追放され、不可思議な自然や、朽ち果てた文明の残滓など、遠未来の世界を旅することになります。本作は崩壊後世界ものの元祖ともいえる作品で、後のSFやアニメに多大な影響を与えています。

アミガサダケはグレンの相棒的なキャラクター。高度な知能を持った寄生生物ですが、自分だけで動くことはできません。そこで、グレンに寄生します。グレンは知恵とかつての文明由来の知識を得ますが、かわりに自由を失います。

 アミガサダケ参考

ところで、「アミガサダケ」という名称は、本来は実在するキノコのものです。他のモンスター的な存在はモブでもオリジナルの名称が与えられているのに、なぜか重要人物のこいつがアミガサダケ。作中で特に明言はされてなかったと思うんですが、作中のアミガサダケと実在のアミガサダケは別もので、実在するアミガサダケが知恵などを持っているという事ではないと思うんですよね。この世界では植物も動物も進化して別物になってますし。じゃあなぜアミガサダケという名称にしたのか…そこがわからない。しいて言えば見た目が少し脳に似ているから? クルミはもちろんミカンの方がまだ脳に似てるので無理があるかな。

余談ですが、実在するアミガサダケも複雑なヒダを持つ形状なので、スープに入れるとよく絡んでおいしいです。


料理ではモレルとかモリーユ茸と言われる場合もあります。

プリンセスとパンドラの箱

帰還者(ジメッツスムートの子孫)



帰還者(ジメッツスムートの子孫)
地球が環境破壊で住みにくくなったので宇宙に移住先を求めたのが”ジメッツスムート”。永い時を経て、その子孫たちが地球に戻ってきたのが帰還者(ジメッツスムートの子孫)です。全身を覆う宇宙服のようなものを着ていますが、これはもはや別種の生物へと進化した彼らの身体が、地球の環境に適合しないものになっているからです。

出典:マンアフターマン/ドゥーガル・ディクソン

プリンセスとパンドラの箱

エグリゴリ・ラミエル


ラミエル
ラミエルは古いキリスト教外典に登場する天使あるいは堕天使で、幻視を司ります。その名前は「神の雷霆」という意味だそうです。
雷霆っていうのは雷をかっこよく言った感じですかね。
堕天使とした場合、エグリゴリというグループに属します。エグリゴリは神にそむいて人類と交わった天使たちで、文化英雄としての側面を持ちます。
(文化英雄…神話類型のひとつで、火や作物などを人類にもたらした人物や神などの話)
ということは、ラミエルは人類に”幻視”をもたらしたということでしょうか。古代イスラエルにおいて、幻視というものは、病気で見てしまうということではなく、技能や能力の一種であり、宗教的イメージを伝えるために見せるものだったようです。

創作作品において一番有名なラミエルはエヴァンゲリオンのラミエルだと思います。彼は能力として強力なビームを持っていましたので、雷霆の名を冠したのでしょう。

プリンセスとパンドラの箱

山賊 その2


山賊その2
山賊のバリエーションです。

山賊についての概説は過去記事をご参考ください → 山賊 その1

関係ないですが、山賊といえば料理の「山賊焼」を連想してしまいます。しかし、山賊焼と呼ばれる料理は実は二種類あって、それぞれで別物らしいです。長野をルーツとする関東の山賊焼きはニンニク風味の巨大鶏から揚げで、山口をルーツとする関西の山賊焼きは鶏のタレ焼き。自分は前者派ですね、東京のスーパーでも前者を売っているのを見かけます。皆さんのところでは如何でしょうか。

天虎がんばる!ムチムチ虎娘はHな夢を観るのか?
このキャラクターが使用されているゲームです

プリンセスとパンドラの箱