ヒトイヌ

ヒトイヌ(人犬)

ヒトイヌと呼ばれる存在にはいくつかの種類があります。

1,人間と犬の要素をあわせ持つモンスター。コボルト、人面犬など。
→これらは機会があれば別に描きます

2,人間に犬のようなかっこうをさせたもの
→2-A 人間の肘・膝から先を切断することで犬のような容姿に改造したもの
→2-B 肘・膝を折りたたんだ状態を拘束具で固定し犬のような体形に見立てたもの

今回の絵は2-Bのものです。

拘束にしろ切断にしろ、見ての通りヒトイヌ化に性能的なメリットはなさそうです。目的は人間としての尊厳を奪うことにあると考えられるでしょう。敵「モンスター」として存在し得るかは微妙なところですが、たとえば悪役がこんなのを侍らせているとグッとわるわる感が出ていいじゃないですか。いかがでしょう。まあ使われないだろうな…

登場作品としては永井豪「バイオレンスジャック」が印象的です。また拘束具はSMプレイ用品として市販されています。

また、ルーツは中国の歴史書にある刑罰というか拷問の「人豚」だと言われています。こわ…。

大丈夫。星乃だーつのRPGだよ。(リンク先R-18)

ノッカー


ノッカー
ノッカーは妖精大国イギリスの数多い妖精、精霊の一種です。コーンウォール地方の鉱山に棲んでいます。
岩肌を叩く音で鉱脈や落盤を教えてくれるので、叩く者”ノッカー”と呼ばれます。鉱山に棲むこと以外は、仕事を手伝ってくれたり悪戯したりなど、他の一般的な妖精とよく似ています。

地中に棲む妖精ということでノームドワーフの仲間と考える場合もあります。

遺跡で財宝を守る妖精”スプリガン”の別名とする説も。
→ 排斥するスプリガン
→ 警告するスプリガン


ダイナマイトノッカー


これは差分で作った人間

大丈夫。星乃だーつのRPGだよ。(リンク先R-18)

タングリスニとタングニョースト


タングリスニとタングニョースト
タングリスニ(タングリスニル)”歯を研ぐもの”とタングニョースト”歯ぎしりするもの”は、北欧神話に登場するヤギの聖獣。
トール神(ソー)の戦車(チャリオット)を牽引する役目を持っています。
さらに、食べてしまっても、骨と皮が残っていればミョルニル(トール神のハンマー)をふるうとその祝福で復活します。

無限復活食糧ってありがたいけどちょっとキモいよね…ヤギ…ホントにヤギなんかお前? と思ったのでヤギのよう悪夢のようなバイオチックなような、そんな感じにしました。

関連? 黒い仔山羊(シュブニグラスの落とし子)

大丈夫。星乃だーつのRPGだよ。(リンク先R-18)

かまいたち

かまいたち(鎌鼬)
かまいたちは日本の妖怪、あるいは怪異。
一陣の風が通り過ぎると、痛みもないうちに刃物で切られたような傷がついている…というような怪奇現象です。一説には、そういう現象を古来「構え太刀」と言っていたものが、江戸時代に訛って獣のイタチのように描かれるようになったとか。
必殺技名なんかに使われて真空斬りみたいなイメージがあって、検証もされてるみたいなんだけど。江戸時代以前っていうか、浴衣みたいな薄い和装で未舗装路歩いてたら草とかで普通にちょくちょく切れるんじゃない? 

新作RPG発表しました!(リンク先R-18)