宗像三女神


宗像三女神は日本神話に登場する女神「田心姫」「湍津姫」「市杵島姫」の総称です。宗像大社、厳島神社系神社の主神で、海路を守護する神だとされています。また水軍も司り、後々には一般的な武神として広く信仰されました。そのため、武芸の神とされる八幡神を祭る八幡宮(宇佐神宮を本社とする系列)でも、第二・第三の神として祀られています。

神話では、天照大神と素盞鳴尊の誓約において、天照大神が素盞鳴尊の十拳剣を噛み砕いて吐き出した時に生まれ、海路を守り天皇を助けるために地上に降りたとされています。

この神話の指す歴史上の出来事としては、古墳時代に、漁や船での輸送など海に関する仕事をしていた部族(宗像氏)が大和朝廷の配下となり、彼らの部族神もまた日本神話に習合され天照の子とされたと考えられます。


前述のとおり、宗像三女神は三柱とも剣から生まれた神であって、その時同様に勾玉から生まれた神は別の神なんですが、絵に違いをつけようと思って三神器モチーフの差分にしてみました。


 

オーブカリバー、ウルトラマンの武器なんですが、かなり古代日本の剣をモチーフにしてますね。

ヒラリー・クリントン


%e3%83%92%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%83%bc

アメリカの政治家で、2016年アメリカ大統領選挙の民主党候補です。
モンスターのブログとしては怪物性はさほど感じないのですが、トランプ描いたのでヒラリーいないのも不公平かなと思って追加しました。
赤いパンツスーツは一大イベントであるテレビ討論会仕様。日本では政治家の討論会なんて地味な印象がありますが、アメリカ人にとっては一億人がテレビを見る超重要イベントなのだそうです。

ティラノサウルス


%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%83%8e%e3%82%b5%e3%82%a6%e3%83%ab%e3%82%b9

45億年の地球生命、地上に上がってからだと4億年ですけども、その歴史の中で最強と考えられる生物がティラノサウルスです。なんと噛む力はライオンの10倍以上。大型の肉食恐竜で、およそ6850万年前、白亜紀に世界中で生態系のトップとして君臨していました。ティラノサウルスの時代は、隕石によって地球環境が激変するまで300万年続きました。
超々有名なので今更あんまり言うことないですが。
ティラノサウルスに限った話ではないですが、古生物は研究の進展によって想像図は日々描きかえられています。
昔は直立して尻尾を地面につけた姿勢で描かれていました(参考)が、今は一般的に胴や尾を水平にしたT字姿勢で描かれています。また、体表も昔は鱗だったのが最近の再現では羽毛のものが多いようです。
生態については諸説ありますが、とにかくメチャクチャ強かったんだろうなーってのはみんな共通ですね。

%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%83%8e%e3%82%b5%e3%82%a6%e3%83%ab%e3%82%b9_2

同じシリーズの玩具でも、恐竜の学説に影響されて、作られた時代で姿勢が違ってたりしますね。

%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%83%8e%e3%82%b5%e3%82%a6%e3%83%ab%e3%82%b9_3


先祖はグアンロン。ティラノサウルスと比べるとはるかに小さくてかわいい感じですが、こいつの時点で体長は3mあります。しかし体重は80kgなのでライオンよりだいぶ軽いですね…恐竜は鳥と近いことがわかります(?)(ライオンが250kg、グアンロンが80kg、ティラノサウルスは5~6t)