【冒険者の酒場】軽戦士

軽戦士(フェンサー)
基本職イラストの差分で、応用職のイラストも描きたいと思います。
というわけで戦士のバリエーションで軽戦士(フェンサー)。
フェンサーというのはゲーム以外の一般的な言葉の意味としてはフェンシングをする人という意味です。ラン→ランナーみたいな。RPGの世界ではレイピアやエストックといった細い刺突剣を使うスピード自慢の戦士というイメージです。オンラインゲームが流行ってから出てきた職種でしょうかね? 性能的にはちょっと違うかもしれませんがFFの赤魔導師とかもビジュアルはフェンサー的です。

軽戦士(フェンサー)という名前はともかく、鎧や盾を纏わず、細い刺突剣で戦う、というのはファンタジー世界だけのものではありません。むしろ、重くて動きづらい鎧を装備して町中やダンジョンを歩き回る方が、ゲームの世界の話です。
ヨーロッパの貴族や騎士たちは、普段は鎧を身に着けてはいませんでしたが、護身用の剣は装備していました。なかでも16世紀から17世紀にかけては細く軽い刺突剣レイピアが流行りました。この時代は暗殺や決闘が多く、実用的なものであったろうと思います。このスタイルがゲームの世界のフェンサーの元になったのではないでしょうか。

フェンサーは軽量快速がモットーなので盾は使いません。利き手と逆にはマンゴーシュやソードブレイカーといった小剣を持ち、相手の武器を受け流したり、絡め叩き落としたりする二刀流で戦います。

レイピア 細い片手用の刺突剣。
エストック 細いが、レイピアよりは太く頑丈な両手用の刺突剣で、鎧の継ぎ目を刺す為の武器。
ソードブレイカー 櫛状の切り込みの入った小剣 凹で相手の刃を受け止めて、ひねって折る
マンゴーシュ 柄にガードがついていて相手の剣を受け流すためのの小剣

 

プリンセスとパンドラの箱

【冒険者の酒場】戦士

モンスター素材をご利用頂きありがとうございます。おかげさまで時々使われているゲームを見かけるようになりました。
新たな試みとして、試験的にSDサイズではないキャラクター素材も掲載します。
とりあえず、古典的なRPGの基本職を揃えてみて、需要があるかどうか判断しようと思います。
イメージは、RPGの一番最初に、酒場で仲間を集める(キャラメイクする)ときのキャラクターという感じ。
なのでシリーズ名として【冒険者の酒場】をつけます。

戦士(ファイター)
戦士ってよく考えるとえらいザックリした名づけで、本来の言葉の意味で言えば戦場で戦う人のこと全般なので、他の職も戦士なのですが、とりまRPGで職業として使われる場合においては、剣や斧などで接近戦を担当し、魔法などの搦め手は使わない…という感じでしょうか。
プレーンなこともあって意外とゲームによって意外と役割が違うんですよね。攻撃するだけで役に立てるゲームもありますし、他のクラスに見劣りしないくらいスキルを持つゲームもあります。メインでダメージを稼ぐ、攻撃して敵の注意をひきつけつつ味方の魔法使いにドーンってやってもらう、修理や治療なぢ戦場で生きる技能をバランスよく持つ…など。


主人公が戦士

プリンセスとパンドラの箱

クエレブレ

クエレブレはドラゴンの一種です。というか、スペイン・アストゥリアス地方の「竜」という意味の言葉だそうです。
逸話も、生贄を要求するとか、宝物を溜め込むとか、いかにもドラゴンらしいものが残っています。
弾丸を弾くほど頑丈な鎧のような鱗を持つと言います…銃が存在する時代まで生き残っていたんでしょうか。

ドラゴン

住処は洞窟であり、暴風雨を操ると言われています。
面白い話としては妖精とのロマンスでしょうか。

竜妖精シャナ

ところで大航海時代以降、スペインは南米を侵略しました。ご存知の方も多いと思いますが、そちらにはケツァルコアトルなどの竜蛇神などがいました。そしてクエレブレと現地の竜が習合された結果、近代になってクレブロンという新種のモンスターが発生しています。日本ではほとんど紹介されてないモンスターなのでいつかとりあげたいですね。

ケツァルコアトルス(翼竜のほう)

プリンセスとパンドラの箱

モロナイ(モルモン教の天使)

モロナイはモルモン教(末日聖徒イエス・キリスト教)の天使です。

モルモン教は、19世紀に開拓時代のアメリカで誕生した、キリスト教系の新興宗教です。新興宗教といっても現在でも約1500万人(そのうち日本に13万人)の信者がいて、アメリカ・ユタ州では主流となっているくらい大きな宗教です。キリスト教を独自に発展させた教義を持っていますが、キリスト教側からは別の宗教であると判断されています。

モルモン教では、ネイティブアメリカンは、紀元前にイスラエルから渡ってきたユダヤ人の末裔だとしています*1。その中で神の声を聞く預言者の最後のひとりがモロナイでした。モロナイは紀元前400年ころ、預言集を編纂して黄金の板に刻み、クモラの丘(現在のニューヨーク)に埋めて隠しました。死後に天使として復活し*2、1823年、のちに教祖となるジョセフ・スミス・ジュニアに、黄金板に刻まれたモルモン書と古代文字を解読するための宝石のメガネを与えたとされています。

そんなわけでモロナイはモルモン教にとって重要な存在であり、モルモン教のアイコン的な使われ方もしています。

*1 突飛なような気もしますが、旧約聖書を字句どおり解釈する立場では、人類は全てノアの子孫だからユダヤ人の末裔になるよね…
?2 死後天使になったというのは伝統キリスト教ではありえない・許せない部分。(生前に変身した人なら外典にいたかも) モルモン教はは人間は死後に神になれる、神も元の世界のただの人間だったけど解脱?して神になった存在… という生まれ変わり・アセンション的な思想を持っていて、唯一の主に頼るキリスト教とは相容れないようです。

プリンセスとパンドラの箱