【冒険者の酒場】巫女

巫女(シャーマン)
シャーマンは聖職者の一種で、辞書的には、呪術師・巫女・祈祷師など、神仏や精霊など、超自然的な存在にアクセスして一般の人との仲介をする職業の総称です。しかし、言葉の定義どおりに解釈すると、キリスト教やユダヤ教の預言者、モーセやキリストもシャーマンってことになりますが、一般的にはそうは言いません。つまり現実的な意味としては、欧米人から見た”外”の世界、非キリスト教世界、オリエント、エスニック、古代ギリシャ・ローマ、そういう世界における宗教者です。

異世界ファンタジー作品の場合、ふつう作品世界に「キリスト教」は存在しません。しかし、“僧侶(プリースト)”が属している宗教は、だいたいにおいて、教典や教義があり、制度化された宗教団体があり、社会規範になっているような、少なからず中世キリスト教をイメージしたものが多いのではないでしょうか。

“僧侶(プリースト)”の項で、指輪物語などの古典ハイファンタジー作品では”僧侶(プリースト)”はあまり登場しない、目立たない、というようなことを書きました。これはキリスト教化されていない世界観こそが欧米人にとって異世界だからで、当時はそれが斬新だったからだと思います。こういう作品に登場するシャーマンは、エキゾチックというよりは、自然や真理の代弁者、助言者というような存在です。

プリーストとシャーマンを両方登場させる場合、プリーストの属する社会がプレイヤーや町の人にとっての普通の社会で、シャーマンは一般的ではない、東方からの訪問者、文明化されていない蛮族、エルフやゴブリンなどの亜人社会といったものを表現することができます。

また、シャーマンは精霊と触れ合うということで、地水火風といった元素精霊などと結びつけて、魔法使い的な職業になっているゲームもあります。現実には四大元素の精霊というような考え方は哲学者や錬金術師といったアカデミックな方面から出てきたものではありますが、ゲーム的には親和性が高く便利ではあります。

キリスト教による禁欲的な教義が支配する前、古代ギリシャ・ローマ、メソポタミア文明の神殿には、神殿娼婦・神聖娼婦とよばれる、売春を行うシャーマンがいて、神話にも残っています。日本においても、やはり禁欲的な仏教が入ってくる以前の巫女さんは娼婦や芸妓を兼ねていました。巫女さんに処女性を求めるのようになったのは近代の話です。そもそも日本の神々は別に禁欲的な教えとかしてないでしょ?
似た例は世界中にあります。
現代人の感覚ではふしだらなように思えるかもしれませんが、当時の価値観では性行為も歌や踊りも豊穣につながる神聖なことだったし、逆に宗教は堅苦しいものではなく明るく楽しい祝祭だったのです。というわけで今回のキャラはそんなイメージで描いています。

プリンセスとパンドラの箱

【冒険者の酒場】僧侶


僧侶(プリースト)
プリースト=priestと言う言葉は、一般社会ではキリスト教における聖職者の一種です。
ゲームによってはクレリック=clericという言葉をあてているものもあります。これも同様。
日本語では、僧侶のほかにも、司祭、司教、神父、牧師などいろんな単語に訳されますが、これはキリスト教の宗派の違いなどによるものなので、架空の設定のファンタジーの場合はそこまで気にしなくていいでしょう。

ファンタジー系ゲームの世界では、プレイヤーキャラとしては、回復役、もしくは回復+サブアタッカーという役割を果たしていることが多いです。ほかに、ドラゴンクエストシリーズなどでは、町の教会にいるノンプレイヤーキャラとして、呪いを解くなどの業務に当たっていました。

彼らは僧侶というからには、宗教的な背景を持つ人たちです。たとえば、回復の力は神の奇跡。戦士にまけないほど屈強でありながらサブアタッカーなのは、戒律によって刃物のある武器を用いることが出来ずメイスやフレイルを用いるため、など。

しかしこの当たり前になっているゲーム的な僧侶のイメージ、どこから来ているのか、何がオリジナルなのか。ちょっと調べたんですがわかりません。
いわゆる剣と魔法のファンタジーの本家と目される指輪物語では、”仲間たち”に僧侶に相当するキャラはいません。コナンシリーズやナルニア国物語、オズと魔法使い、といった古典ファンタジーでも、僧侶が仲間として旅をするってあんまり無いですよね。
一方、ゲームの世界では、最初のRPGであり指輪物語の強い影響下にあるとされるダンジョン&ドラゴンズから既に”プリースト”は主要職業として存在しています。
不思議ですね…。

何かご存知の方はぜひご教示ください。

現実の世界での旅や戦いをする宗教者にはどんな人がいるでしょうか。
ヨーロッパのキリスト教徒が中東に攻め入った十字軍では、宗教的なお題目があって修道会も参加していたというか、そのための修道会が作られたりしていました。メイスやモーニングスターなんかを持ってる僧侶のイメージはこのあたりから来ているのもあるかもしれません。教義によるとかではなく、単に当時有効で流行した武器ってたってだけですが。
大航海時代になると、キリスト教宣教師が世界中に散らばり布教活動を行いました。
日本の修験者、インドの苦行僧サドゥーなど、自らの修行のために旅する者もいます。
中世日本の寺院は僧兵とよばれる武装した僧による武力を持っていました。旅をした僧兵としては弁慶がいます。主君の牛若丸も天狗装束は修験道装束から来ています。
近代現代の戦争では、多くの国で従軍牧師・従軍聖職者の人たちが兵士の心のケアを行っています。

ゲームによっては回復係に宗教色を持たせていない作品もあります。治療者という意味の”ヒーラー”や、白魔術師など。これだとゲーム上の役割は似ていても、キャラクター性やゲームの世界観は違ってきますね。

プリンセスとパンドラの箱

【冒険者の酒場】軽戦士

軽戦士(フェンサー)
基本職イラストの差分で、応用職のイラストも描きたいと思います。
というわけで戦士のバリエーションで軽戦士(フェンサー)。
フェンサーというのはゲーム以外の一般的な言葉の意味としてはフェンシングをする人という意味です。ラン→ランナーみたいな。RPGの世界ではレイピアやエストックといった細い刺突剣を使うスピード自慢の戦士というイメージです。オンラインゲームが流行ってから出てきた職種でしょうかね? 性能的にはちょっと違うかもしれませんがFFの赤魔導師とかもビジュアルはフェンサー的です。

軽戦士(フェンサー)という名前はともかく、鎧や盾を纏わず、細い刺突剣で戦う、というのはファンタジー世界だけのものではありません。むしろ、重くて動きづらい鎧を装備して町中やダンジョンを歩き回る方が、ゲームの世界の話です。
ヨーロッパの貴族や騎士たちは、普段は鎧を身に着けてはいませんでしたが、護身用の剣は装備していました。なかでも16世紀から17世紀にかけては細く軽い刺突剣レイピアが流行りました。この時代は暗殺や決闘が多く、実用的なものであったろうと思います。このスタイルがゲームの世界のフェンサーの元になったのではないでしょうか。

フェンサーは軽量快速がモットーなので盾は使いません。利き手と逆にはマンゴーシュやソードブレイカーといった小剣を持ち、相手の武器を受け流したり、絡め叩き落としたりする二刀流で戦います。

レイピア 細い片手用の刺突剣。
エストック 細いが、レイピアよりは太く頑丈な両手用の刺突剣で、鎧の継ぎ目を刺す為の武器。
ソードブレイカー 櫛状の切り込みの入った小剣 凹で相手の刃を受け止めて、ひねって折る
マンゴーシュ 柄にガードがついていて相手の剣を受け流すためのの小剣

 

プリンセスとパンドラの箱

【冒険者の酒場】戦士

モンスター素材をご利用頂きありがとうございます。おかげさまで時々使われているゲームを見かけるようになりました。
新たな試みとして、試験的にSDサイズではないキャラクター素材も掲載します。
とりあえず、古典的なRPGの基本職を揃えてみて、需要があるかどうか判断しようと思います。
イメージは、RPGの一番最初に、酒場で仲間を集める(キャラメイクする)ときのキャラクターという感じ。
なのでシリーズ名として【冒険者の酒場】をつけます。

戦士(ファイター)
戦士ってよく考えるとえらいザックリした名づけで、本来の言葉の意味で言えば戦場で戦う人のこと全般なので、他の職も戦士なのですが、とりまRPGで職業として使われる場合においては、剣や斧などで接近戦を担当し、魔法などの搦め手は使わない…という感じでしょうか。
プレーンなこともあって意外とゲームによって意外と役割が違うんですよね。攻撃するだけで役に立てるゲームもありますし、他のクラスに見劣りしないくらいスキルを持つゲームもあります。メインでダメージを稼ぐ、攻撃して敵の注意をひきつけつつ味方の魔法使いにドーンってやってもらう、修理や治療なぢ戦場で生きる技能をバランスよく持つ…など。


主人公が戦士

プリンセスとパンドラの箱