クリプトビオシス(クマムシ)


クリプトビオシス

クリプトビオシスというのは生物学の用語です。乾眠とも言います。
それを行う代表的な生物がクマムシです。クマムシはとても強靭なことで有名で、いわく、極度の乾燥、絶対零度から151度の高温に耐え、真空から深海以上の超高圧までへっちゃら、さらには人間が即死する1000倍の放射能を照射してもまだ生きているといいます…それを可能にする仕組みこそがクリプトビオシスなのです。
完全に解明されているわけではないのですが、体内の水を糖に変換する、ガラスになる(*)、あるいはその両方というふうに考えられています。

クリプトビオシス2

超耐久力すげー!と思ってモンスターとして採用しましたが、実際には代謝が完全に停止している状態なので、この超耐久力状態で活動できるわけではありません。水を与えるとすぐに活動状態にもどりますが。でもファンタジーなので寝たまま超能力で浮かんだりしてもいいんじゃないでしょうか。実際なんて言い出したら1mmあるかないかの生物ですし。

(*このガラスというのは窓ガラスなんかと同じ珪素ガラスという意味ではなく、物質的特性が同じグループという意味だと思います。そのガラス化、結晶じゃない個体とは一体どういう現象なのかっての自体が実はよくわからないんですが)

     星乃だーつのRPG作品を買う(R18)

ボサコウ センザンコウ


ボサコウ
ボサコウ

ボサコウは絵本の「へんてこもり」シリーズに登場するモンスター(?)です。
動物しりとりをしていた子供たちが苦し紛れに適当な名前を言ったら、その名前の通りの変な動物が次々と実体化してしまうというお話です。
作中のボサコウはなんかもしゃもしゃしたよくわからない体に木が生えている生物だった気がしますが、木の生えた生き物ってのが面白かったのでアレンジしてみました。

センザンコウ

 

センザンコウ

ボサコウの”ボサ”は木の部分の雰囲気だとして、”コウ”はなんだろう、語尾にコウがつく獣といえば…、ということでベースをセンザンコウにしました。
センザンコウは哺乳類ですが体の表面は鱗や甲羅になっていて、ぱっと見は爬虫類のようです。アルマジロにも少し似ています。食性はオオアリクイに近く口や爪などもそちらに似ています。しかし分類学的にはどちらとも遠く独立した珍しい生物です。
微生物との共生はよくありますが、明確に植物を体に生やしている動物は現実にはあんまり思い当たらないですね。ナマケモノの体表にコケが生えて保護色になる、くらいでしょうか。カニの仲間でイソギンチャクを持ってる奴がビジュアル的には近いですが、イソギンチャクは動物ですし。

     星乃だーつのRPG作品を買う(R18)

キツネ/ナイトテール


きつね

キツネは食肉目の獣です。近い種類の動物には、犬、オオカミ、ジャッカルなどがいます。それらの多くが群れで暮らし狩りをするのに対し、キツネは単独行動を好むのが特色でしょうか。
日本にも太古から野生動物として棲息していますが、人類が稲作をはじめたことでその関係には変化が生まれました。土手を壊し稲・米を食べるしまうネズミを食べる事により、ありがたい獣として神格化されていったのです(稲荷信仰)。その後、中世になって仏教や中国文化が民間に入ってくると、仏敵のイメージから人を化かしたりするイメージも付加されますが、せいぜい悪戯レベルであり、敵ではなく隣人という認識が一般的であったように思います。

( ´-`)

ホッキョクギツネ

「キツネ」という言葉と学術上の分類は若干ズレがあるのですが、キツネの仲間は北半球に広く分布しています。
なかでも北極、-70度以下の厳寒に暮らすホッキョクギツネは、キツネの仲間でも出色と言えるかもしれません。

( ´-`)

手ぶくろを買いに (日本の童話名作選) 手ぶくろを買いに (日本の童話名作選)
レビューを見る
欲しいものリストに追加
価格:1510円 在庫あり。powered by Amazon.co.jp

( ´-`)

ナイトテール

さて、妖怪としてのキツネには、何と言っても超大物の「九尾の狐」がいます。良き隣人としての狐のイメージを覆す世界的大悪役…なんですが、その話はまた次の機会に譲りまして、今回はオリジナルのキツネ系モンスター、九尾の狐の下位モンスターのイメージです。だじゃれですけど!

( ´-`)

マルちゃん 赤いきつねうどん(東) 96g×12個 マルちゃん 赤いきつねうどん(東) 96g×12個
レビューを見る
欲しいものリストに追加
価格:1380円 在庫あり。powered by Amazon.co.jp

ライオン


ライオン

皆さんご存知のネコ目の猛獣です。
古来から百獣の王として称えられ、現代科学の目から見ても動物界最強候補です。
アフリカの草原とインドの森に生息していますが、環境破壊などにより絶滅が危惧されています。
石器時代にはヨーロッパにも生息していましたがこの種は絶滅してしまいました。古代から現在に至るまでのヨーロッパでも王族貴族の紋章によくライオンが用いられていますが、これはアフリカから連れてきたもののようです。ローマ時代には既に百獣の王としての名声があったようで、コロセウムではライオンと人との戦いが見世物になっていたといいます。

( ´-`)

サイタマライオン

日本の埼玉に生息するライオン。

( ´-`)

中島裕之 進化する若獅子 背番号3 [DVD] 中島裕之 進化する若獅子 背番号3 [DVD]
レビューを見る
欲しいものリストに追加
価格:4600円 在庫あり。powered by Amazon.co.jp

(◟‸◞)

マカイライオン(けモンさん)

魔界に住むライオンに似た魔獣。マカイヤマアラシから進化した。
獰猛さは人間界のライオンと同じ。違うところは♀の個体もタテガミを持っているところ。

( ´-`)

オリアス、あるいはオリアクス

ソロモン王が魔導書に召喚法を書き記した、ソロモン72柱とよばれる悪魔群より一柱です。
序列は59位、爵位は侯爵、30の軍団を率います。
天文学、占星術の知識に長けており、人の姿を自在に変える変身の魔法、好意を持たせる変心の魔法を使います。
素直に召喚者に従い恩恵を与える稀有な悪魔ですが、その力に耽溺した人間はやがて勝手に身を滅ぼす事でしょう。

(◟‸◞)

ライオン ライオン
レビューを見る
欲しいものリストに追加
価格:989円 在庫あり。powered by Amazon.co.jp