ガンダルヴァ


インド神話に登場する、半人半鳥の姿をした精霊、半神です。音楽を司るとされ、神々の宮殿に楽師として仕えています。食物を必要とせず、香りのみを生命の糧とし、また自身も香気を放つ、とされています。

類似のモンスターとして、ギリシャ神話に登場するハーピーが挙げられます。同じく音楽の属性を持つ半人半鳥の姿です。鳥はさえずるものという認識は洋の東西を問わないでしょう。一方、ハーピーは悪臭を放つとされています。これは正反対の特徴だと言えますが、実は悪臭とよい香りというのは、同じ成分の濃さの違いにすぎない場合があります。糞便の臭い物質と同じものが、バニラ・ジャスミン・バラなどの香り成分として、香水や食品添加物として使われています。

→ ハーピー/リリヨー (過去記事)

ガンダルヴァは後代になると半馬半人で描かれるようになり、これをして語感の似ている西洋のケンタウロスと同源と比定する説もあります。この場合、ガンダルヴァは神酒の守護者ともされ、酒を好むケンタウロスと同じ酒属性であることも根拠とされます。しかし、単純にこの2種が同じモンスターということではありません。インドとヨーロッパの共通先祖に、半人半獣のモンスター概念、単語があり、それが両者に引き継がれ、歴史と伝承の中で次第に形を変えていったのではないか、ということです。現在この説は強く支持されているわけではないようですが、語源が同じかどうかは別として、伝説の根が同じということはあるかもしれません。インド・ヨーロッパうんぬんについてはウマの項で書いています。

→ ウマ (過去記事)

仏教の時代になるとガンダルヴァも仏法を守護する天部として信仰に取り込まれ、中国で乾闥婆という漢訳名を与えられ、日本まで伝来します。音楽、食香、神酒守護などの特徴は引き継がれているのですが、なぜか鳥でも馬でもなくなり、獅子の兜?をかぶっています。

天虎がんばる!ムチムチ虎娘はHな夢を観るのか?
このキャラクターが使用されているゲームです

プリンセスとパンドラの箱

ベルゼブブ


ベルゼブブ、別称:ベルゼバブ、ベルゼビュートなど表記揺れあり。
キリスト教・ユダヤ教に登場する大悪魔で、ハエの王という意味の名前を持っています。
元々は古代中東の神ですが、一神教のイスラエル人がユダヤ教を作り上げる過程で他教を貶めるため、”崇高”を意味する”ゼブル”を、”ハエ”を意味する”ゼブブ”に置き換えて呼び習わし、悪魔のイメージを植えつけました。(ベルの語源は”バアル”で”王”という意味です)
その後、近世に入ってから、サタンに匹敵する高位の悪魔だという解釈がされるようになりました。

宗像三女神


宗像三女神は日本神話に登場する女神「田心姫」「湍津姫」「市杵島姫」の総称です。宗像大社、厳島神社系神社の主神で、海路を守護する神だとされています。また水軍も司り、後々には一般的な武神として広く信仰されました。そのため、武芸の神とされる八幡神を祭る八幡宮(宇佐神宮を本社とする系列)でも、第二・第三の神として祀られています。

神話では、天照大神と素盞鳴尊の誓約において、天照大神が素盞鳴尊の十拳剣を噛み砕いて吐き出した時に生まれ、海路を守り天皇を助けるために地上に降りたとされています。

この神話の指す歴史上の出来事としては、古墳時代に、漁や船での輸送など海に関する仕事をしていた部族(宗像氏)が大和朝廷の配下となり、彼らの部族神もまた日本神話に習合され天照の子とされたと考えられます。


前述のとおり、宗像三女神は三柱とも剣から生まれた神であって、その時同様に勾玉から生まれた神は別の神なんですが、絵に違いをつけようと思って三神器モチーフの差分にしてみました。


 

オーブカリバー、ウルトラマンの武器なんですが、かなり古代日本の剣をモチーフにしてますね。

エペソスのキュベレー神


エペソスのキュベレー_2
成虫

世界史の教科書とかにも載ってる、からだじゅうにおっぱいのついたキモい神像をモチーフにしたモンスターです。(→wikipedia)
しかし、あのおっぱいっぽいモノは、卵だとか、金玉だとかという説もあるようです。なんにせよ地母神、多産を象っているのでしょう。
不気味なモンスターを描きたい気分だったので、クトゥルフのシュブニグラスみたいな、宇宙や異世界からやってきた理解不能な神格、落とし子を産み出し続ける異形の神、というイメージで描きました。

エペソスのキュベレー
幼虫