ミクロラプトル・グイ


ミクロラプトルは小型の羽毛を持つ恐竜です。現生の鳥類に近い発達した羽毛・翼が化石として残っており、往時の恐竜の姿を想像させます。
一方で、鳥と大きく違うのが、脚にも翼を持つということ。彼らがこの脚の翼をどう使っていたかには諸説ありますが、複葉機のように、重ねて飛んでいたという説があります。

複葉機というのも一般には見かけないのでややマニアックかもしれませんが、主に主翼が二階建てになってるレトロな飛行機です。特徴はいろいろありますが、基本的には羽根の面積が広いので飛びやすい、弱いエンジンでも飛べる。ミクロラプトルも、鳥に比べたらエンジンに相当するはばたき筋力は弱かったでしょう。ちゃんとした本にそう明記してあったわけじゃないですが、鳥という生物がいかに飛ぶことに特化した身体を持っているか見れば自明。弱い飛行力を補うための4翼だと考えると、鳥と飛行機は同じ進化をしているんだなあと興味深いわけです。

プリンセスとパンドラの箱

ティラノサウルス


%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%83%8e%e3%82%b5%e3%82%a6%e3%83%ab%e3%82%b9

45億年の地球生命、地上に上がってからだと4億年ですけども、その歴史の中で最強と考えられる生物がティラノサウルスです。なんと噛む力はライオンの10倍以上。大型の肉食恐竜で、およそ6850万年前、白亜紀に世界中で生態系のトップとして君臨していました。ティラノサウルスの時代は、隕石によって地球環境が激変するまで300万年続きました。
超々有名なので今更あんまり言うことないですが。
ティラノサウルスに限った話ではないですが、古生物は研究の進展によって想像図は日々描きかえられています。
昔は直立して尻尾を地面につけた姿勢で描かれていました(参考)が、今は一般的に胴や尾を水平にしたT字姿勢で描かれています。また、体表も昔は鱗だったのが最近の再現では羽毛のものが多いようです。
生態については諸説ありますが、とにかくメチャクチャ強かったんだろうなーってのはみんな共通ですね。

%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%83%8e%e3%82%b5%e3%82%a6%e3%83%ab%e3%82%b9_2

同じシリーズの玩具でも、恐竜の学説に影響されて、作られた時代で姿勢が違ってたりしますね。

%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%83%8e%e3%82%b5%e3%82%a6%e3%83%ab%e3%82%b9_3


先祖はグアンロン。ティラノサウルスと比べるとはるかに小さくてかわいい感じですが、こいつの時点で体長は3mあります。しかし体重は80kgなのでライオンよりだいぶ軽いですね…恐竜は鳥と近いことがわかります(?)(ライオンが250kg、グアンロンが80kg、ティラノサウルスは5~6t)

スピノサウルス+かに


スピノサウルス
棘竜スピノサウルス
スピノサウルスはティラノサウルスを越える大きさを誇る獣脚類最大クラスの恐竜で、(人間が知っている)恐竜の中でも最強なのではないかと考える人もいます。最強候補の一角であるティラノサウルスと比べて一回り大きく、ティラノサウルスの背中がスピノサウルスの腹くらい、ギリギリまたげないくらいの大きさです。デカい=強いこれは間違いない! しかし、牙やアゴなどの攻撃性はティラノサウルスに軍配があがります。スピノサウルスはおもに(自分よりだいぶ小さいであろう)魚を食べていたと考えられているからです。ゲームでどちらを強く設定するかは作者次第ですね。
形状的には帆を持っているという特徴があります。帆は強さには関係ないでしょうが威容はさらにあるでしょう。ところで帆といえばディメトロドンを想起される方が多いと思いますが、この2種には全くぜんぜん関係がありません。ディメトロドンは恐竜と哺乳類が分岐する前のグループに属していて、帆が直接受け継がれたわけではありません。また、時代もディメトロドンは古生代のベルム紀(3億年前)、スピノサウルスは中生代の白亜紀(1億年前)の生き物です。スピノサウルスから見たら現代の方が近いです。
ちなみにスピノサウルスという名前の意味は”棘竜”ですが、棘というのは帆の骨格を見て初期の復元者が棘があると思ったからだそうです。

スピノサウルス_キラースパイナー

スピノサウルスの亜種。背中に巨大なハサミを持つカニを共生させることで、高い戦闘力を手に入れた。(もちろん実際にはいません)

元ネタ

     星乃だーつのRPG作品を買う(R18) 

ディロフォサウルス パキケファロサウルス


ディロフォサウルス
双冠竜ディロフォサウルス
頭部に半月状の鶏冠を一対持つ恐竜。映画「ジュラシック・パーク」では、エリマキトカゲのようなエリマキと毒を吐く能力を持っていましたが、これに科学的な根拠はないそうです。また食性も不明で魚食説、屍食説があります。
獣脚類、生息時代はジュラ紀。

パキケファロサウルス
堅頭竜パキケファロサウルス

頭頂がブ厚い骨のドームになっていることで有名な恐竜。その回りは小さな角のような突起で囲まれ、さらに鼻の上も骨質で装甲されていました。この頭をどう使っていたのか行動がわかるような化石までは出土していませんが、武器でありオス同士の闘争や身を守るために使ったと考えるのが自然でしょう。

パキケファロサウルス2

パキケファロサウルスは草食の角竜類で、この頭は角の一種とも考えられますが、哺乳類でも角を持つ生物はほとんどが草食で、角に類するものは狩りには使われない、というのは不思議なことではないでしょうか。生息時代は白亜紀。

     星乃だーつのRPG作品を買う(R18)