アマビエ(アマヒコ)


クリックで拡大

いま話題の妖怪、アマビエです。
人魚に似た妖怪で、疫病が流行ることがあれば自分の絵を描いて皆に見せよ という予言をしたことが逸話として残っています。治すとは言ってない 昔の人は怪異を絵にして飾っておくとご利益があると考えていましたので、暗に疫病退散のご神威があるぞということなのでしょう。


クリックで拡大

アマビエはアマヒコの誤字・転記から広まったという説もあります。古い日本語では濁点は使いませんし、エとコは似てるからね。アマヒコ、つまり天彦、海彦とすると、妖怪というよりは神のように思われ、天日子尊(あまひこのみこと)と尊称をつけて記される場合もあります。海彦といえば海幸彦のことでありましょう、古事記・日本書紀にも大きく取り上げられています。兄の海彦と弟の山彦が争い、山彦が勝って主君となります。山彦の孫は神武天皇に、海彦は隼人族の祖となった…として神の時代から人間の時代へ移っていきます。隼人族は古代に鹿児島にいた部族でありまして、大和族と争ったり交易したりしながらやがて吸収されていったとされています。
なおアマビエが目撃されたのも同じ九州の熊本です。

というわけでアマビエを妖怪態と神態の差分で表現してみました。神態の方は海彦のイメージで釣り針を飾っています。逸話では3本足というのがありますが…3本足なあ…なんか可愛くできそうになかったのでヒレがみっつという事にしました。

プリンセスとパンドラの箱

寿


寿という獣


寿という獣人

先日、国立民族学博物館において催されている「脅威と怪異」という展覧会に行ってきました。体験するモンスター図鑑という感じの展示で、このようなブログに目を通していらっしゃる、ゲームやモンスターに興味のある方でしたら絶対におすすめです。
世界中のドラゴンであるとか、人魚であるとか、メジャーなものからマイナーなものまで様々なモンスターをモチーフとした作品や遺物が展示されているのですが、そのなかで見た怪異というよりは珍妙な獣が「寿」。遠浪重光という江戸時代の絵師が描いた錦絵「寿という獣」(ポスターみたいなもの)です。十二支、すなわち 子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥 の十二獣を合成したもので、いつでもめでたいという、とてもおめでたい獣です。めでたい。めでたみがある。しかもこれを1枚描いておけば毎年年賀状に使える。べんり。というわけで描きました。

なお、重光の絵をそのままデフォルメしたのではなく、オリジナルのモンスターになっています。理由としては、同様のモチーフの絵は当時他の絵師によっても描かれていて、配合の仕方がそれぞれ違うようであるので、絵描きのオリジナルでよいと判断したこと。また、江戸時代はどうも羊が山羊が区別されていなかったらしく、重光バージョンだと羊要素がヤギのアゴヒゲになっていて、現代にはそぐわないと思ったからです。

このブログの絵は、ゲーム用の素材としては無料で使えますが、他の用途には使えません。しかし、これは年賀状くらいにしか使いみちがないと思うので、もし使いたい方はひとことコメントを残してくれれば使ってもらってかまいません、また、年賀状データを作るので、よかったら買ってください。

 

 

※ここに貼ってある画像は低解像度のため印刷には適しません。

「寿という獣」年賀状の販売

2019年8月29日(木)~ 11月26日(火)「脅威と怪異」国立民族学博物館 特別展示館

プリンセスとパンドラの箱

ヒサルキ

ヒサルキ

ヒサルキは近年インターネットの上で語られるようになった妖怪、あるいは怪異現象です。姿は人間ですが、生肉(獣の死肉など)を喰っている姿を目撃した、どうやらそれはヒサルキらしい…、という話が基本です。しかし話の細かい内容は近年のネットロア系怪異の中でも特にバラバラで、ヒサルキとされる存在も男であったり女であったり子供であったりします。ディティールとしては全裸や四つんばいであったという例が多いようです。呼称も「キヒサル」「イサルキ」などぶれがあります。

正体についても諸説ありますが、主流なのは人間に獣の霊が取り憑いたものという説ではないでしょうか。だとすると近代になって急に現れたわけではなく、日本では動物の霊が祟る・取り憑くことにより精神に異常をきたす、狂乱する、という事例が平安時代から明治時代まで延々と記録されています。とくに「狐憑き」は代表的で日本全国で信じられていました。

他に、鬼説、猿説、旧日本軍の兵器説、病気説などがあります。

     星乃だーつのRPG作品を買う(R18)

霊と精霊馬

おばけナイト

もうすぐお盆ですね、と書きだそうと思ったのですが、後述しますが地域によってはもうお盆は過ぎてしまっていました。
お盆は先祖の霊が一時的に家に戻る期間とされており、霊を祀り、供養します。古神道の祖霊崇拝と仏教儀式が融合して現在の形になったようです。もともとは旧暦の7月15日でしたが、都会では新暦の7月15日、地方では旧暦に近い8月半ばにお盆をすることが多いようです。これは近世になって地方から都会に出る人が増えたことにより、ひと月遅れにすることで帰省して両方に参加できるように定着したと言われています。いつのまにか帰るのが霊から生きた人に変わってしまったわけですね。
精霊馬は野菜で牛馬を象ったお盆の供物で、霊が乗って帰ってくると言われています。

     星乃だーつのRPG作品を買う(R18)