女兵士とスペインの刀剣


ソリフェレウム
スペイン武器ネタ。といってもスペインという国や地域が成立するよりも前。古代ローマ時代のイベリア人が使ったという鉄製の投槍。投げ槍にしろ槍にしろ鉄なのは穂先だけで軸は木というのが一般的なのですが、これはぜんぶ鉄で重いのが特徴ですね。盾ごとブチ抜く運用だったのでしょう。


ファルカタ
これも古代スペイン、イベリア人の武器。ローマ帝国にも採用され、大いに普及しました。根本は片刃で先端は両刃の湾曲した長剣。切っても突いてもよし、さらに剣先の方が重いため斧のような打撃力もあるという万能剣でした。
名前と形状から、のちの時代の「ファルシオン」と関連があるのではないかと思ったのですが、実はこの剣が使われていた時代には「ファルカタ」という言葉はありませんでした。古代イベリア人がこの剣を何と呼んでいたのかはいまもってわかっておらず、19世紀の学者が便宜的につけた呼び方なので似ているだけのようです。

新作RPG発表しました!(リンク先R-18)

鎧騎士とスペインの刀剣


ティソーナ
スペインの叙事詩「わがシッドの歌」主人公にして実在の英雄エル・シッドの愛剣。名前の由来は炎の剣、またはたいまつ。FF11では曲剣ですが、スペインの博物館にティソーナとして収蔵されているものは直剣のようですね。


コラーダ
ティソーナの相方で同様にエル・シッドが帯びていたと言われる伝説の剣。


エスパダ
エスパーダ、エスパダはスペイン語で剣という意味


金棒
金棒…? 描いたのが昔すぎて、なぜ一本だけ金棒なのか自分でもわからん
自作ゲームの没ネタで敵勢力の地元がスペインだったので、他はスペインの刀剣ネタなのは覚えてるんですけど。

新作RPG発表しました!(リンク先R-18)

ホムンクルス


ホムンクルス

ホムンクルスは錬金術によって作られたと言われる人工生命、人造人間です。フラスコの中の小人。
材料は人間の精液だとか馬の糞だとか諸説ありますが、それらをフラスコの中で加工して作られ、フラスコの中でしか生きられないとされます。
フラスコは現在でも学校の理科の授業や科学実験で使われる道具ですが、化学以前の時代にフラスコなんて使うのは錬金術師だけだったわけで、フラスコといえば錬金術のアイコンでした。というわけでフラスコのイメージで描きました。

おしらせ! もうすぐ当サークルの新作RPGが発売になります。(リンク先R-18)

ガチャの石


ガチャの石
ソシャゲでよくあるガチャを回すやつ


ガチャの石の欠片
いくつか集めるとガチャ石と交換できる的なやつ


ガチャ石 丸タイプ


無課金っぽい石

プリンセスとパンドラの箱