女兵士とスペインの刀剣


ソリフェレウム
スペイン武器ネタ。といってもスペインという国や地域が成立するよりも前。古代ローマ時代のイベリア人が使ったという鉄製の投槍。投げ槍にしろ槍にしろ鉄なのは穂先だけで軸は木というのが一般的なのですが、これはぜんぶ鉄で重いのが特徴ですね。盾ごとブチ抜く運用だったのでしょう。


ファルカタ
これも古代スペイン、イベリア人の武器。ローマ帝国にも採用され、大いに普及しました。根本は片刃で先端は両刃の湾曲した長剣。切っても突いてもよし、さらに剣先の方が重いため斧のような打撃力もあるという万能剣でした。
名前と形状から、のちの時代の「ファルシオン」と関連があるのではないかと思ったのですが、実はこの剣が使われていた時代には「ファルカタ」という言葉はありませんでした。古代イベリア人がこの剣を何と呼んでいたのかはいまもってわかっておらず、19世紀の学者が便宜的につけた呼び方なので似ているだけのようです。

新作RPG発表しました!(リンク先R-18)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。