ミクロラプトル・グイ

ミクロラプトルは小型の羽毛を持つ恐竜です。現生の鳥類に近い発達した羽毛・翼が化石として残っており、往時の恐竜の姿を想像させます。
一方で、鳥と大きく違うのが、脚にも翼を持つということ。彼らがこの脚の翼をどう使っていたかには諸説ありますが、複葉機のように、重ねて飛んでいたという説があります。

複葉機というのも一般には見かけないのでややマニアックかもしれませんが、主に主翼が二階建てになってるレトロな飛行機です。特徴はいろいろありますが、基本的には羽根の面積が広いので飛びやすい、弱いエンジンでも飛べる。ミクロラプトルも、鳥に比べたらエンジンに相当するはばたき筋力は弱かったでしょう。ちゃんとした本にそう明記してあったわけじゃないですが、鳥という生物がいかに飛ぶことに特化した身体を持っているか見れば自明。弱い飛行力を補うための4翼だと考えると、鳥と飛行機は同じ進化をしているんだなあと興味深いわけです。

プリンセスとパンドラの箱

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。