オークナイト


オークナイト
オークの騎士、ではなくオークに乗った騎士、です。
ファンタジーの世界では、ドラゴンを駆るドラゴンナイト、ペガサスに乗ったペガサスナイト、果てはスライムナイトなんてのもいますので、オークナイトがいてもいいはずです。でしょう?


オークの描写は作品によって違いますが、武器を持っていることが多く、また群れで行動していることが多いように思います。つまり、知能が高く、社会性があり、なおかつ人間を乗せるほどの体躯がある。騎乗動物として有用性が認められるのではないでしょうか。
現実の生物ではどうでしょう? オークを亜人と考えた場合類人猿が近いでしょうか。ゴリラなどに騎乗するという話は聞いた事がありませんが、ニホンザルを飼いならして芸をさせる猿回しというのがあります。
オークを豚人と考える世界観もあります。人間が豚・猪に騎乗するというのは、ありそうだと思って調べましたが、意外と無いですね。ですが、野生や動物園において、猿が猪に乗って移動するというのはよく見られるようです。

前回の「肉鎧のオーク」が好評だったのですが、女戦士の子がずっとやられてばっかりでちょっとかわいそうになったので、逆バージョンも描いてみました。描いたのはこっちが後ですが、before/afterは、お好みの方で…。

プリンセスとパンドラの箱

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。