クエレブレ

クエレブレはドラゴンの一種です。というか、スペイン・アストゥリアス地方の「竜」という意味の言葉だそうです。
逸話も、生贄を要求するとか、宝物を溜め込むとか、いかにもドラゴンらしいものが残っています。
弾丸を弾くほど頑丈な鎧のような鱗を持つと言います…銃が存在する時代まで生き残っていたんでしょうか。

ドラゴン

住処は洞窟であり、暴風雨を操ると言われています。
面白い話としては妖精とのロマンスでしょうか。

竜妖精シャナ

ところで大航海時代以降、スペインは南米を侵略しました。ご存知の方も多いと思いますが、そちらにはケツァルコアトルなどの竜蛇神などがいました。そしてクエレブレと現地の竜が習合された結果、近代になってクレブロンという新種のモンスターが発生しています。日本ではほとんど紹介されてないモンスターなのでいつかとりあげたいですね。

ケツァルコアトルス(翼竜のほう)

プリンセスとパンドラの箱

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。