乗黄


乗黄(ジョウコウ)

その状は狐の如く、その背には角がある。これに乗れば寿命は二千年。(山海経 海外西経)

古代中国の動物モンスター図鑑「山海経」に掲載されている獣です。
曰く、はるか西の国にはキツネのような背中に角のある獣がいると。寿命が二千年というのは意味がわからないというか設定盛っただけだと思いますが、とにかく乗ることが出来ると。

古代中国からみて西の外国は、中央アジアの乾燥地帯、砂漠地帯。シルクロードです。そして背中に角の様な突起のある、乗ることのできる獣といえば、その正体は…?

古代には当然写真もないし、実際に海外に行った人はごくごく少数です。口伝え、絵伝えで、いつのまにか実在しないモンスターが生まれてしまったのでしょう。
まあタイムマシンで確かめることができない以上、古代には実際に乗黄がいた可能性もゼロではありませんけど。

外部リンク 乗黄 
書籍リンク 山海経

プリンセスとパンドラの箱

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。