ヴァルーン


下水のヴァルーン


森のヴァルーン


岩山のヴァルーン

殖民星土着の夜行性飛行動物。人類発見時、森に棲む赤翼種と岩山に棲む灰翼種がいた。
後に、環境悪化により、下水などに棲む無翼種が発生。
尾のように見える部分は、口と肛門が分化しないまま進化した器官。地球でもクラゲ類やタコイカ類には見られる特徴だが、脊椎動物とは大きく異なる体制を持つことが伺える。

ドゥーガル・ディクソンのSF小説「グリーン・ワールド」より。

プリンセスとパンドラの箱

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。