ジャック・オ・ランタン

ジャック・オ・ランタン

アイルランドの民話に登場する悪霊。
口の巧みな男が、死後も口八丁で地獄落ちを回避したはいいものの、天国にも入れてもらえず、結局行き場がなくなって現世をうろつくことになった悪霊とされます。

なんでそれがカボチャかというと…、
もともとの”悪霊”(ウィル・オ・ウィスプ)は火の玉、つまり人魂でした。このへんは東西共通なようで…。一方、アイルランドではその昔、カブをくりぬいてランタン(ちょうちん)として使っていたそうなんですね。それがかぼちゃに変わったのは、アメリカに移住した人々が現地の作物で作るようになったからなんだそうです。

さて、ジャック・オ・ランタンといえばハロウィンの名物とされますが、それは何故でしょうか。ハロウィンは元々はキリスト教以前の宗教のお祭り、収穫祭だったのを、キリスト教が布教の為に理屈をつけて取り込んだものです。そして、前述の口の巧みな男が~というお話もキリスト教の聖人からみの話なので、実際は、ぜーんぶ後付なんでしょう。

本来は古代ケルトの精霊 なんじゃないかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。